2015年07月26日

中華アンプ SMSL SA-98EとFX-AUDIO- FX1002A

こちらで書きましたようにSMSL SA-98Eなかなか良いです。

DSCN9362.JPG

結局リビングにあるメインのPC用のアンプとして活躍しています。
24インチモニターの両脇に設置したYAMAHA NS-BP200を元気にならしています。
安物のスピーカーとはいえ評判の良い物ですし、ニアフィールドでの利用ですので不満無く利用しています。
解像度もなかなか良いし、160wのパワーがあるのでパワフルです。
この前に使用していたLepai LP-2020A+@NFJストア別注モデルとはちょっと傾向が違い、
艶のある音を出しています。どちらが良いかは好みの問題ですね。

不満は無いけど、事務所のスピーカーをグレードアップしたためアンプも変えてみたい。
そこで、SA-98Eと同じTDA7498Eチップ搭載、同じく160wのFX-AUDIO- FX1002Aを購入しました。
FX1002Aをリビングに、余ったSA-98Eを事務所に使用となりました。

DSCN9368.JPG

SA-98EからFX1002Aに変えた印象は解像度が上がり、すっきりした印象。
こってり濃い味のラーメンと旨味を残したあっさりラーメンの違いでしょうかね。
自分的には後者FX1002Aのほうが好みです。

これだけで善し悪しを判断するのは間違っていますが、今まで聞き取りにくかった音がはっきり聞こえます。
全体の雰囲気としては「味気ない」との評価も有るかもしれませんが、こちらが好きです。
少々乱暴な表現かもしれませんがLP-2020A+@NFJストア別注モデルをパワフルにした感じ?

SA-98Eは事務所に引っ越し。
少々すっきりしすぎのVifa TG9FD-10-08を鳴らしたら良い感じで華やかな音になりました。
MarkAudio CHN-70 Gen.1では音がキツすぎて相性良くないみたいです。



posted by 大工のとうちゃん at 17:38| オーディオ

2015年07月25日

自作スピーカー MarkAudio CHN-70 Gen.1

MarkAudioの評判が良いみたいなので一度試してみたかった。
とりあえずは安価なCHN-70 Gen.1を買ってみました。
コイズミ無線さんで1ペア6,772円(内税)でした。

【10cmフルレンジ】
インピーダンス:8Ω
出力音圧レベル:86.652dB
再生周波数帯域:71Hz〜20kHz
定格入力:18W
最低共振周波数:Fo 71.62Hz
Vas:5.31Ltr
Qms:1.848
Qes:0.649
Qts:0.480
Mms:3.339g
Xmax:4mm(1Way)
取付穴径:φ93〜97mm
重量:540g

スペックはなかなかの物
専用の箱を作りたいと思っていますが、まずはFOSTEX P1000Kと交換です。

DSCN9356.JPG

アンプはそのままDENONの古いAVアンプで行ってみます。
低音はほぼ満足だけど中高音はきついなあ・・・新品だからですね。
LP-2024A+に変えてみたら切れが良くて少しは良い感じになりました。
でも、いろいろ予定があり、元に戻して2時間ほど鳴らしていたら少しは良くなってきました。

昼に交換したVifa TG9FD-10-08と比べると骨太でしっかりした感じ
それでいて細かな音もちゃんと出しています。
まだ鳴らし込んでないせいか中音域がきついです。
女性ボーカルが耳に突き刺さります。でも鳴らし始めよりはだいぶ良くなったかな?

この音はロックやジャズを大音量に鳴らすのに向いているかも
レッチリやアイアンメイデンを聞いてみるとパワフルで気持ちよい。
だいぶ音が落ち着いてきたのでSHANTIも気持ちよく聞けるようになってきました。
エイジングに時間がかかりそうなのでどれくらい良くなるか楽しみです。

安価とはいえ今まで2千円程度のユニットが最高値でしたから、Vifa TG9FD-10-08と同様
やはり格の違いは感じますね。変化があれば追記します。

2015/07/27追記
--------------------------------------------
20時間ほどは鳴らしたかな?キツさが取れて良い感じになってきました。
昨日SA-98Eを繋いでみた時はうるさく感じられたけど、今日はかなり良くなってます。
まだ音は良くなりそうですけど、今日の時点での感想。
音数の少ない小編成のジャズやロックは気持ちよく鳴ってくれます。
ただ、高音の伸びが足りない感じです。比較対象がVifa TG9FD-10-08では仕方ないか・・・
それぞれ個性を生かしてソースや気分に合わせて切り替えていきます。
私のイメージとしては昔のアルテックってこんな感じじゃ無かったかな?
手持ちの604-8Gはちょっと違うけど、切り替えた瞬間はパッとしない音だけど、しばらく聞いていると
ワイドレンジでは無いけど、ボーカルなどの中音域がすごくしっかりしていて全体に力強い音。そう感じました。

2015年7月30日追記
------------------------------------
アンプをSMSL SA-98Eに変えました。
曲によっては女性ボーカルが耳に突き刺さるけど、パワフルですわ(笑)
もう少し音が丸くなることを期待してしばらく使ってみます。

2015年7月30日追記
------------------------------------
事務所ではメインに使っていますが、女性ボーカルもうるさくなくなりました。
割と能率が高いのと、アンプのゲインが高いのかつまみをちょっと回すだけで爆音状態になるのが問題かな?

posted by 大工のとうちゃん at 00:04| オーディオ

2015年07月24日

自作スピーカー TOPTONE F100G112-63&FOSTER C160L09-1511

自作スピーカー 番外編で紹介したTOPTONE F100G112-6のその後です。
実験したいことがあり、こんな箱に入れてみました。

10.jpg

DSCN9344.JPG


手軽に作れて効果の大きいJSPですが、難点は置き場所に困ることです。
そこでトールボーイタイプにして横面に付けてみました。
この形にしたのでJSPとはいえませんが、まあ、類似する物と考えてください。
ユニットのF0は高いのでダクトは4面に取り付け短めにしました。

ユニット裏は45度の仕切りを付けて背圧はスムーズに下に行くようにしました。

かなり低音が出るようになりましたが、やはり中音域が薄っぺらいです。
まあ、1個500円だから価格の割には頑張っていると思います。


FOSTER C160L09-1511が1個813円と安かったので取り替えてみました。
DSCN9358.JPG
ご存じの方も多いと思いますが、FOSTER はFOSTEXの親会社で主にOEMやパーツとしてのSPユニットを作っています。
かなりしっかりした音になりました。
音質的にはFOSTEX P1000Kの低音を少なくして高音をおとなしくした感じかな?
防磁型だからテレビか何かのスピーカでしょうね。
中音域がしっかりして聞きやすくなりました。




posted by 大工のとうちゃん at 22:17| オーディオ