2015年08月02日

Windows10入れてみた

最近は忙しくてパソコンは道具と割り切って余りおもちゃにはしてませんでした。(音楽再生や動画再生で遊んでいますが、PCそのものを弄って遊んでないの意味で)

私のPCはClassic Shellを使用してUIはWin98のようになっていますので評判の悪いWin8シリーズでも何ら問題なく使えています。
でも、元来新しい物好きですし、Win10は使いたい。
ただ、忙しさもありプレビュー版を試す機会もほとんどありませんでした。

どちらにしろ、ライセンス切れの心配が無いWin10にはいずれ移行するつもりでした。
それに、Win7よりもWin8やWin10の方がOSやアプリの起動が早いのは間違いないですしね。
なかなかインストールの準備完了のお知らせが無いなと思っていたら、裏の方では何度も失敗している履歴が残っている。
それを回避する手段を調べて無事アップグレード開始出来たのが手持ちでは2台その他はいつになることやら・・・。
これも強制的に開始出来る方法があったので、何台か試してみました。


まずはメイン機
Win8.1pro-64bit
こちらはWindows Updateから開始出来ました。
7月31日早朝に目覚めて開始です。ダウンロードも案外早く終わりました。
この後昼間の時間帯はサーバーが込んでいてのか他のマシンはDL時間が長かったです。
とりあえず無事起動したのを確認して、事務作業のため事務所に移動し、仕事をしながら他のマシンをアップグレードしました。
夜、しばらく弄っていたらスタートメーニューが全く出てこなくなり、ファイルの関連付けも操作できない状態になりました。
他のアカウントも試しましたが症状は同じ。
正規の操作方法ではシャットダウンも出来ない状態となってしまいました。

考えられるのはClassic Shellあたりがいたずらしているかと思いますが、そちらもアンインストールも再インストールもエラーで不可能な状態。
仕方ないので8.1に戻してしまいました。
この操作はアップグレードご1ヶ月以内のようです。操作中にそのようなメッセージが出ました。

一度アップグレードすればサーバーにハードウェアの固有情報が登録されてクリーンインストールは可能になるようなので、お盆休みにでも頑張ってみます。

追記
Classic Shellをアンインストールしてから再度アップデートしたら今度は不具合出ていません。
しばらくこのまま使ってみます。


リビングにあるサブ機
Win7pro-32bit
こちらは強制的にアップグレードする方法を使いました。
方法はココでは紹介しません。検索すればすぐ見つかります。
こちらは入っているソフトが少ないためか今のところ不具合はなさそうです。
7から変えて少しは早くなるかと期待しましたが、元々スペックが低いので大差なかったです。


事務所の現在メイン機
Win8.1pro-32bit
こちらも今のところ不具合は無いです。
スタートメニュー復活、アプリの起動もここから。
これならClassic Shellも不要ですね。
アプリが全画面にならないのがありがたい。
ただ、8.1でもそうでしたが、Pentium-D 3.4GHzでは少々もたつきますね。
でも、我慢できないほどでは無い。


事務所の次期メイン機
Win7pro-64bit
Win10をインストール前提で安い中古を買いました。
Core2Duo E7500 2.93GHz メモリ4GB
このマシンはプレビュー版入れてみましたが、ほとんど使わないうちに起動できなくなりました。
こちらは少々不具合発生(涙)
「Windows Defenderは無効になっており、コンピューターを監視していません。」のメッセージが毎回出ます。でも調べてみると有効???
これも機会を見てクリーンインストールしたいです。

その後、クリーンインストールしました。快適です。


中古で買ったノートパソコン
Win7pro-32bit
まだ余り操作してないけど不具合は無さそうです。


音再生楽専用の廃棄寸前のマシン
Win8.1pro-32bit
メイン機以外でWindows Updateから開始出来たのはこれだけでした。
ソフトもあまり入ってないし。不具合の発生確率は低いですね。
たぶん問題ないです。もともとまともな作業は出来ないほど遅いのでありがたみは無いです。
まあ、物理的に壊れるまでライセンスの問題も無く使えるのがありがたいです。
起動して、自動で起動するようにしてあるMusicBeeが使用できるまで5分ほどかかります。
でも後は問題なくハイレゾ音源だって再生するのでOK!


6台で4勝2敗か・・・
アップグレードインストールはリスキーです(涙)

2015年8月18日追記
----------------------------------------------
その後、1台残っていたPentium4 3Ghz Win8.1pro-32bitのマシンをアップグレードインストール
HDDがIDEなんて骨董品ですが、WinXPとのデュアルブートになっています。
まあ、XPは使わないですけど、どうしても使いたいソフトがあったときに選ぶかも。
デュアルブート環境もそのまま問題なく使えています。


その他、1万円弱で買った中国製のWin8.1タブレットにもチャレンジしましたが、コチラは容量不足で断念しました。

以上、8台で5勝3敗でした。


そんなに多くはないし思うけど、Classic Shellをインストールしている人は念のためアンインストールしてからアップグレードインストールした方が無難です。
posted by 大工のとうちゃん at 00:38| PC&WEB&携帯

2015年08月01日

中華アンプ Lepai LP-V3とLP-168HA

中華アンプの記事へのアクセスも案外有るようなので、まだ、書いてなかった2台について書いてみます。
そういえば、LepaiとLepyは同一メーカーです。過去の記事は買った物の銘柄で記述しています。
Lepai→LepyなのでLepyのほうが新しいとの認識で良いと思います。

LP-V3は息子に譲ったので写真はありませんが、評判のLP-2020A+の外観は同じです。
音はアナログアンプなのでLP-2020A+に比べて少々ボケた感じですね。
音のキツいスピーカーなどと組み合わせた場合マイルドになって相性良いかもしれません。
低音域は若干パワーが大きいこともありLP-2020A+より元気です。
まあ、それなりに実用にはなると思います。

LP-168HA
こちらもアナログアンプです。

LP-168HA.jpg

2×40Wのメイン出力+1×68Wのサブウーファー出力
サブウーファーは使ったこと無いのでコメントできませんが、2chでの使用ではLP-V3をもう少しクリアにしてパワフルにした感じかな?
ウチの場合最近までVifa TC9FD-18-08を鳴らしていましたが、このスピーカーの場合LP-2020A+等のデジタルアンプでは音がやせ気味になるので、LP-168HAの方が良い感じでした。
LP-V3を買うなら1000円程追加してこちらを買った方がお得かと思います。


posted by 大工のとうちゃん at 17:44| オーディオ