2015年09月30日

自作スピーカー JSPとバスレフ

低音再生に有利なJSP方式、今まで何台も作りその効果はわかっているつもりです。
・濁りの無い締まった低音
・一般的なバスレフよりも低い音が出せる。(低域の再生限界が伸びる)
この低音の質の違いは体感的にわかっていますが、同じスピカーユニットを使って
聞き比べたことは今までありませんでした。

何組か持っているF77G98-6でいつか実験しようと思っていたけど、
1個250円の割には良い音がするとはいえ、音質が冷たくて音楽的にはイマイチと思っていました。
つまり作ってもたぶん実験が終わったら使わない・・・

先日買ったALTECの小型スピーカーユニットであればその後も愛用できそう。
そこで以下の条件でJSPと一般的なバスレフをそれぞれ1組作りました。

1.内容積は同じとする
2.材質はフロアー材の端材で統一
3.ダクトの共振周波数はそれぞれの特性に合わせる。

1.については約7.2リットルとしました。
3.についてはJSPは普通より低めにした方が良いので58.5Hz
 バスレフは約70Hzとしました。(少し低すぎるかとも思うけど、箱がでかいし、既出のキャンディーボトルスピーカーでも案外低音出ていましたから)

ユニット取り付けは内側からしか無理なので穴は面取りしました。
吸音材はバッフル以外5面にグラスウールを貼りました。
図面を載せておきます。(画像クリックでPDFへのリンク)

6cmj.jpg 6cmb.jpg

試聴はとりあえず工作台の上です。汚いけどお許しを(笑)
自分で使うだけなので仕上げは雑です。

WP_20150930_001.jpg

4時間ほど鳴らした後の聞き比べです。
音源はパナソニックのミニコンポでCD再生です。
口径の小さなスピーカーですので重低音は出ていませんが、やはりJSPの方が低い方まで良く伸びていますし、すっきりしていますね。
一瞬バスレフの方が量感があるように感じましたが、単にぼやけて肥大している感じです。まあ、これだけを聞けばそれなりに満足すると思いますが、聞き比べるとJSPの勝利です。

低音域の質が中音域に影響しているためか、JSPの方がボーカルやギターも明瞭に聞こえます。
逆に言えば、BGM等で小さな音で流すには一般的なバスレフの方が音が柔らかくて良いかもしれません。でも、小さな音でもJSPの方が音を聞き取りやすいとも言えるのかな?

しかし、このユニット音が良いですわ。
特に中音域の密度が高いのが気に入ってます。
スペックに現れない音楽性はやはり重要ですね。

2015年10月3日追記
-----------------------------------------
翌日、2組のスピーカーを事務所に持ち込み聞いてみました。
PC(後付けのサウンドボード)→Lepy LP2024A+ 音源はハイレゾ音源です。

それぞれ音の印象は同じですが、ソースやアンプの質が向上したことで良い感じとなりました。
もちろんJSPには及びませんが、バスレフの方も音が締まり双方の差が縮んだ感じです。
ソースやアンプの差がはっきり出たのはやはりこのユニットの質が高いことが理由です。

JSPは作業場のBGM用に、バスレフは寝床においてお休み前の音楽鑑賞に使おうかと思います。


※NFJストアさんよりアドバイスを頂きました。
> ALTEC LANSINGのユニットは鳴らしこむことにより、かなり音色が変わって
> まいります。引き続きお使い頂けることを陰ながらお祈りしております。
確かに、先に作ったキャンディボトルスピーカーは事務所のBGM用に愛用していますが、
低音出やすくなってきたし、全体に角が取れて聞きやすくなってきました。
MarkAudioなんかも最近やっと本領発揮してきた感じですし、このスピーカーも気長につきあうと良いみたいです。続きを読む
posted by 大工のとうちゃん at 21:47| オーディオ

2015年09月25日

FX-AUDIO-FX502A PRO

FX-AUDIOは過去にFX1002Aを買って解像度の高いすっきりした音が気に入っています。
ただ、カタログスペック160W×2は私にとっては大きすぎる・・・。
まあ、スピーカーの耐入力が小さくてもボリューム上げすぎたりしなければ壊れることは無いですけど。
いや、使う分には問題ないけど、なんかもったいない気がして(笑)
それで目を付けたのが「FX502A PRO」電源付きで4,980円で50W×2は手頃です。
DSCN9528.JPG
音はFX1002Aにと同系統のすっきりした音。
しばらく喜んで聞いていたけど、じっくり聞き込むとどこか薄っぺらで味気ない音なのが気になってきた・・・。

まあ、こう言ったアンプはちょっとどろんとした緩い音のスピーカーと相性が良いようでダイトーボイス DS-16Fを鳴らしたらお互いの欠点を補って良いバランスで鳴っています。続きを読む
posted by 大工のとうちゃん at 21:18| オーディオ

2015年09月20日

自作スピーカー ALTEC LANSING 2.5"(64mm) 小型 スピーカーユニット 8Ω/5W

Lepai LP-2020A+の改良版を出しているNFJストア ヤフーショッピング店を見ていたら、おもしろいスピーカーを見つけました。


ALTEC LANSING 2.5"(64mm) 小型 スピーカーユニット 8Ω/5W
ALTEC LANSINGはすでに消滅したと思ってましたが、まだ生きていたんですね。
プラントロニクス社に買収され、PC用スピーカーなどを作っているみたいです。

値段が安すぎるし、バチ物の疑いを掛けてしまいますが、NFJストアさんはまじめな商売をしていると思いますし、レビューを読んでも悪くは書いてない。
数量に限りもあるし、迷っている間に売り切れたら後悔しそう。送料は変わらないし、思い切って6個買いました。
290円×6+送料490円=2,230円 まあ、結果は悪くても諦めは付くでしょう(笑)


そして、今日届きました。
WP_20150920_002.jpg

ショップの写真の通りロゴがしょぼいです。錆があるのも承知の上での購入です。
この形状ではフロントマウントはちょっと無理がありますね。

リアマウントで穴の経は50ミリ強かな?
WP_20150920_003.jpg


保証は効かないけど、組み付けてから不具合に気づいたら面倒なので
裸で鳴らしてみました。でもこれでは音質についてのコメントも無理です。

手持ちで何か良い箱は無いかと考えていたら、良い物がありました。
ALTECと言えば「ぼいす・おぶ・ざ・しあたー」ですよ!
なぜ平仮名にしたか? 実は以前こんなの作りました。
xFo8o.jpg


F77G98-6を使っていろいろ作った時にミニチュアA7を作ってみようと思い、出来た物の音を聞いて失望しました。フロントロードホーンの癖が強くてどうしても好きになれなかった。形を楽しめば良いけど、BGMに使うにも役不足でした。プラ板などを使ってダミーのホーン作りに挑戦したかったけど挫折しました。


今回どんな音が出てこようと、ALTECのユニットを入れるのだから納得できそうwww

8センチ用の箱なので板をあてがって無理矢理取り付けました。
まあ、裸で鳴らすよりはましな音が出るでしょう。
WP_20150920_006.jpg

Lepy LP-2024A+→ DS-16Fの配線を外してつなぎ替えて音が出た瞬間
WP_20150920_007.jpg
あれ?良い音出てる・・・・・
よく言われる「明るく張りの有る音質」ALTECの音なんです。
リビングにある604-8Gと性能を比べるのは無意味ですが、同じ傾向の音が出ている気がする・・・。
それともただの自己暗示?
この口径だから重低音は出ません。高音もあまり伸びてない感じ。
しかしその分中音域がしっかりしてボーカルがやけに生々しいのです。
なぜかホーンの癖も気になりません。

もう少しサイズダウンした「ぼいす・おぶ・ざ・しあたー」を作りたくなりました。事務所の飾り物として面白そう。もちろんBGM用として常用できそうです。

新品の状態でこの音だからしばらく鳴らし込むとどんな音になるか楽しみです。

それと、バックロードホーンで低音補強してみたいし、波動スピーカーもどきも楽しそう。やっぱりJSPも試してみたい。
しばらくいろいろ楽しめそうですが、仕事が忙しいので長期戦になるかな。
 
 

2015年9月21日追記
-----------------------------------------------
昨夜こんな物を買ってきました。
WP_20150921_001.jpg
100円ショップセリアのキャンディボトル1.4lです。
「ぼいす・おぶ・ざ・しあたー」は大変なので、庶民の味方プアオーディオ路線で作ってみましょう。

まずは取り付け用のリングを作成し、ふたに穴を開けます。
赤で統一しようと思ったけど、赤い塗料が無かったので黄色で妥協しました。
リングは9ミリベニヤを自由錐で穴開け、外形90ミリで円盤を作り、小さくて足で踏んで固定できないのでできた円盤を材木にビスで固定して取り付け穴を開け、ドーナッツ型にしました。
加工が面倒なので形を気にしなければ取り付け穴を開けてから四角に切っても良いです。
蓋は金切り鋏で穴開けしました。
WP_20150921_004.jpg
ユニット取り付けは細いビスが無かったので釘打ちにしました。

簡単にできるかと思ったけど、2時間半ほどかかってしまった・・・
WP_20150921_005.jpg

ガラスに穴を開けるのは大変なのでコードは前出しにしました。
コードの穴開け前にふたを仮付けしてどこが下になるか調べておきました。

吸音材は入れませんでしたが、問題なさそうです。
1.4リットルの密閉では低音はやはり足りませんが、BGMとかに使うなら問題なさそうです。
中高音はホーンが無くなったせいでかなり素直になりました。
小音量でもしっかり音が届く感じで悪くないです。



また何か作ったら追記します。

比較実験をしてみました。
JSP方式と一般バスレフの比較実験(ALTEC 64mm)

新しいの作りました。
DSCN9607.JPG続きを読む
posted by 大工のとうちゃん at 23:59| オーディオ