2016年11月07日

NFJ UPA-152J MkU

事務所にある予備のパソコン、普段は使わないけど、時々音を出したい時があります。今はUSB給電の安物スピーカーが付いているんです。
まあ、音の確認が出来れば良いのですが、もうちょっとまともな音が出したい。

それで、NFJさんのUPA-152J MkUを試してみます。

IMGP0119.JPG

本来の場所へ設置する前にまずはテスト。
一般的に使われるであろう環境で試してみます。
> USBの電源規格内(5V/500mA)での消費電力で本格的なオーディオアンプICの駆動を実現!
> PeakPowerで十数W×2Chの出力で、十分な音量が出せます。
とのことですがどんな音が出てくるでしょうか?

DAC内蔵のアンプで入力はUSBのみ。つまりパソコンが無いと音が出ない訳でして・・・・。
中古で買ったDELLのノートパソコンに接続してみます。
Win7をWin10にアップした物です。再生ソフトは私のお気に入りMusicBee
まずはこれで48kHzと96kHzのハイレゾ音源を再生してみます。

比較のため、これもNFJさんで購入した「デジタルアンプ基板 3Wx2」のアンプの音も聞いてみます。
スピーカーは「ALTEC LANSING 2.5"(64mm) 小型 スピーカーユニット」の小さなバスレフ(例によって雑な仕上げですが・・・音は良いです。)
ちなみにノートパソコンはオンボード、型番などは確認できませんでしたが、192kHz/24Bitまで対応しています。


最初の印象・・・さすがにアンフェアでした。
48kHz/16BitのDACではハイレゾ音源の再生では格段に落ちます。
まあ、サンプリングレートはスピーカーの関係で無視しても良いとは思いますが、16Bit vs. 24Bit では音の密度感が全然違います。

条件を整えるため音源はビットレート320のMP3音源としてみます。
それと、アンプにも若干のエイジングは必要なので30分くらい音楽を垂れ流し、その後の試聴としました。

少しモコモコした感じのUPA-152J MkUでしたが、かなり音がすっきりした来ました。少し大きめの音で聞くと3Wx2の基板の方より力強さも有りうるさくならないですね。
まあ、元々3Wx2の基板は透明感の高い音だけど、少々うるさい感じがしていたので最初はハッとするけど長い時間聞くと少々疲れる音でした。もちろんボリュームを上げるとパワーの限界もありますからね。

その点、このアンプは耳あたりの良い音でかといってぼやけた音では無いのでなかなか良いです。
配線もUSB1本ですっきりしますし、好みのスピーカーを付ければなかなか楽しめるかと思います。(自作は無理な人でもハードオフ等で安いスピーカー探せば良いです。)


ただ、私個人としてはAUXが欲しいですね。
最近のパソコンはオンボードでもほとんどがハイレゾ対応、だからイヤホン端子からアンプに繋いでスピーカーから音を出せば良いです。
ヘッドホン端子もパソコン直で良いわけですし・・・

このアンプからDACとヘッドホン端子を外し、AUXのみとした物が私の理想です。携帯の充電器から給電すれば安価なMP3プレーヤーや携帯を音源にして気軽に音楽が楽しめますしね。続きを読む
posted by 大工のとうちゃん at 22:29| Comment(0) | オーディオ