2016年07月05日

SSHD使ってみた

久しぶりにパソコンネタです。

現在事務所では中古で買った HP 8000Elite Core2Duoのマシンを使っています。
Core2Duo E7500 2.93GHzのを買ったのが2015年6月。
メモリが2GBだったので増設して4GBにしてHDDが160GBだったので500GBに取替。
Win7pro64bitだったので将来サポート切れの心配が無いWin10pro64bitにして使ってます。
軽い事務仕事がメインなので快適です。

気に入ったので2016年2月
Core2Duo E8500 3.16GHzのマシンを追加購入。
そちらは最初から4GB&500GBでした。
お値段はどちらも約1万円。

CPUが若干早い後者をメインに使っていましたが、同時に電源を入れると後者の方がかなり起動が遅い・・・。

ソフトの環境なども大差ないのだからこれはハードディスクの性能差と判断、交換を決意しました。

SSHDなるものを初めて使ってみました。
Seagate SSHD (ハイブリッド) 1TB ( 3.5 インチ / NCQ機能搭載SATA 6Gb/秒 / 7200rpm / 8G ¥ 7,760

難しい解説は省略するとして、要はSSDとHDDの良いとこ取りのような物。
普通のHDDより少し高いけど、使用頻度の高いファイルだけSSDを利用するのでアクセスが早くなるとのこと。


ドライブのコピーツールを利用して難なく取替が完了。
交換してからしばらく経つけど、起動がすごく速くなりました。
細かく計測してないけど、OSの起動はCドライブがSSDのメイン機と大差ない印象。その他ブラウザの起動も速くなり快適です。

機会があればノートPCのHDDも交換したくなりました。
posted by 大工のとうちゃん at 22:44| Comment(0) | PC&WEB&携帯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。