2019年05月05日

五色園 【珍スポットとして有名な宗教施設】

ずっと気になっていた所、日進市にある「五色園」に行くことができました。
宗教施設ですが、怪しげな新興宗教では無く、五色山大安寺という浄土真宗系のお寺の境内です。
昭和9年、岐阜県中津川市出身で33歳からは名古屋の造型家・浅野祥雲(あさのしょううん)氏によって制作された、鉄筋コンクリート製でペンキによって彩色された像が100体以上有ります。
それらの多くは親鸞(しんらん)にまつわる逸話を再現しているとのこと。

広大な敷地に各テーマごとの展示が点在しています。
かなり歩くので覚悟が必要です。
園内マップは大雑把ですべての展示を見ることは難しいと思います。
私も全部発見する前に力尽きました。(^_^;)

0505-00.jpg


五色園入り口付近
2019-05-16.png

入り口ですが、遠慮せずに車で進みます。
2019-05-16 (1).png

左に展示がありますが、このまま駐車場まで進みました。
2019-05-16 (2).png

駐車場に車を置いて入り口まで戻ってきました。
とりあえず園内マップをじっくり見ます。
DSCN0562.JPG

車から見えた「月見の宴」
片言さえも発しなかった親鸞聖人が2歳の時初めて「南無仏」と一言言葉を発した時の様子。
2019-05-16 (3).png

DSCN0566.JPG

少し進んで左へ入ったところにある「赤山明神貴婦人邂逅」
DSCN0570.JPG

次に右側に見えてくるのが「信行両座」(正直言ってチョット怖いです。マジでドン引きですww)
DSCN0574.JPG

遅れて場に到着した「熊谷蓮生房」なんか、インパクト凄いです(汗;
DSCN0573.JPG

信行両座の反対側、少し山道を登ったところにあるのが「身代わりの名号」
DSCN0576.JPG

道路に戻り、池の向こうへ進むと「桜ヶ池大蛇入定」
DSCN0583.JPG DSCN0581.JPG

そのまま池の畔を奥へ進むと「お田植え」
DSCN0588.JPG DSCN0587.JPG

「御流罪」の案内に従って進んだら遠かったです。あまり手入れもされてない様子・・・
DSCN0590.JPG DSCN0591.JPG
この先進むのは不安なので引き返すことにします。

池の畔に戻ったところにあった「不動明王」
DSCN0594.JPG

歩いていてふと思いました。もう少ししたら蛇が出るようになるだろうなと。
・・・オイ!!!マムシかい!!!
DSCN0596.JPG

弁天様?
DSCN0598.JPG

川越えの名号
DSCN0600.JPG DSCN0601.JPG

長くなったので一旦切りたいけど、このボリュームを体感してもらうために続けます。
でも疲れたので休憩しましょうか?
DSCN0602.JPG
いや、ココ廃墟だからwww
DSCN0605.JPG

展示の名前失念しました。
DSCN0604.JPG DSCN0606.JPG

鹿ヶ谷 鈴虫松虫の剃髪得度
DSCN0608.JPG DSCN0607.JPG

いろいろ見せて頂いたのだから本堂へ行ってご本尊に挨拶するのが礼儀ですね。
DSCN0611.JPG

まだまだ行くよー
日吉丸矢作橋出世の緒
DSCN0615.JPG

DSCN0616.JPG

DSCN0618.JPG

箱根権現御響応
DSCN0619.JPG DSCN0621.JPG

名前未確認です(汗;
DSCN0622.JPG

夜盗耳四郎聞法の場
DSCN0626.JPG DSCN0624.JPG

後ろから見ると半身埋まっているみたいだけどそうでは無いようです。
DSCN0627.JPG DSCN0628.JPG

以上、すべて見ることは出来ませんでしたが、かなり見ることが出来、とても楽しかったです。
(それぞれよく調べると勉強になるんですけどね。)
夜間は入場できませんのでご注意下さい。

初心者だけど動画上げてみました。
posted by 大工のとうちゃん at 20:00| Comment(0) | レジャー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。