2019年07月07日

中観音堂と羽島市円空資料館

最近になってその存在を知り、
訪れるチャンスを探していた中観音堂と羽島市円空資料館。
先日行くことができましたのでブログアップです。
IMG_3361.JPG
まずは簡単に「円空さん」の紹介です。
--------------------- Wikipediaより引用
円空(えんくう)は、江戸時代前期の修験僧(廻国僧)・仏師・歌人。特に、各地に「円空仏」と呼ばれる独特の作風を持った木彫りの仏像を残したことで知られる
円空は一説に生涯に約12万体の仏像を彫ったと推定され、現在までに約5,300体以上の像が発見されている。
---------------------

到着後、目を引くのは大量の木彫りの仏様
IMG_3341.JPG

IMG_3342.JPG

さすがに本物ではないですね。未確認ですが、羽島市円空資料館の1階に円空研修室と書かれた看板があったので、ここで円空仏の勉強をして彫られた物だと思います。
IMG_3366.JPG



IMG_3348.JPG

IMG_3352.JPG

IMG_3358.JPG

IMG_3362.JPG

横に円空上人生誕375周年記念と書いてありました。
IMG_3356.JPG

この先、2階にある中観音堂では、本尊の十一面観音像をはじめ17体の円空仏(県重要文化財)を間近に見ることができます。
IMG_3363.JPG

残念ながら写真撮影は禁止でした。
隣接する羽島市円空資料館はケースに入った本物が4体有りますが、それ以外のレプリカはOKとのことでしたので動画撮影はしておきました。

伝説とかいろいろあるようですね。
Img_3364.jpg

無造作に置いてある印象の不動明王と観音像
ここへ来る途中、道路沿いにも多数の円空仏(レプリカ)が有りました。案外扱いが雑かも。
IMG_3368.JPG

17体の円空仏(本物)についての説明
Img_3369.jpg

円空上人産湯の井戸
他にも円空生誕の地と自称する地域もあるようですが、根拠が薄そうです。
IMG_3347.JPG

IMG_3371.JPG

IMG_3374.JPG

長年お千代保稲荷参拝をしていますが、そこから比較的近いところにこんな所が有ったとは驚きです。
因みにコストコのチョット東です。

posted by 大工のとうちゃん at 12:00| Comment(0) | レジャー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。