2015年07月24日

自作スピーカー Vifa TG9FD-10-08

前から気になっていたTC9FD-18-08の上位機を買ってしまいました。
取り付け寸法などは同じなので新たに箱を作らずそのまま交換です。
DSCN9342.JPG
白いグラスファイバーコーンが何とも新鮮ですね。
DSCN9340.JPG
購入は横浜ベイサイドネットさん

購入価格は 2015-07-24時点で2,970円 (10% OFF) X 2個 = 5,940円 (税込 6,414円)
【基本仕様】
●口径:3.5インチ(約8cm)
●NRSC 白色 グラスファイバー・コーン
●インピーダンス:8Ω
スペックはこちら

昼休みに交換作業を済ませ、新品の音を聞いてみる。
エイジング前でもそれほど音は破綻していない。
リンク先のグラフの通り、ポリでコートしてあるとはいえ紙コーンのTC9FD-18-08に比べて高域が素直です。
低音はこちらの方がかなり出ている感じです。
そのせいか何となく寝ぼけた感じの音になってしまった。
エイジングの一般的傾向として
低音が出るようになる、中高の荒れが収まり素直な音になる。

この様子だとアンプをLepy LP-168HAからLP-2024A+に変えた方が良さそうだな・・・。
正解でした。まだ10分ほど鳴らしただけですが、かなり良い感じになりました。
このまま鳴らしておいてちょっと仕事に出掛けました。帰ってきたらどんな音になっているか楽しみだ(^_^)v

約2時間後、初期のエイジングは終わってある程度音に変化があるのを期待して帰ってきました。

うん、良い感じです!
アンプの違いもあるけど、全体に音の粒立ちが良く透明感もあります。
楽器やボーカルのディティールがはっきり聞き取れる。
それでいて刺激的な音は出さないVifaの音です。
2.5インチのTC7FD00-04が素直な音で好きですが、それをいろいろな面で高級にした感じです。
それと、コーンが軽いのか反応(音の立ち上がり)がすごく良い。この点は今まで買ったユニットの中で最高の出来です。

2016年2月11日追記
-----------------------------------
現在、事務所でMarkAudio CHN-70 Gen.1と切り替えながら使っています。
アンプはSMSL SA-98E。低音もよく伸びて10センチのCHN-70 Gen.1に対して遜色ない感じです。
パワフルで音が前に出てくるCHN-70 Gen.1、素直で透明な感じのTG9FD-10-08、どちらもお気に入りです。続きを読む
posted by 大工のとうちゃん at 16:21| 未分類