2019年08月02日

志賀城(名古屋市北区)

今日は家から近い公園に来ました。
昔からある公園ですが、近くに住んでいながらあまり詳しいことは知らずただの公園と思っていました。
ところが、此所には昔「志賀城」と呼ばれる武家屋敷があったようです。
そこで、お城巡り7城目です。

志賀城は織田信秀の家老で、織田信長が誕生すると教育係をつとめた平手政秀の居城です。
遺構は残っていませんが、園内に平手政秀宅跡の石碑が設置されています。
vlcsnap-2019-08-06-08h50m16s292.png
政秀は朝廷との交渉活動や斎藤道三との和睦を成立させるなど外交面において支えていましたが、信秀の死去後に自刃しています。
その理由は信長の奇行を諌めるためというのが一般的です。
続きを読む
posted by 大工のとうちゃん at 20:00| Comment(0) | お城巡り

2019年07月26日

勝幡城

お城巡り 6城目

石碑程度しか無い事はわかっていたけど、ずっと気になっていた勝幡城跡へ行ってきました。

勝幡城は現在の愛西市と稲沢市にまたがる勝幡に有った城です。
築城したのは信長の祖父にあたる織田信定です。
織田信長が生まれたのは那古野城という説も有りますが、現在ではこの勝幡城が有力です。

まずは勝幡駅前です。
織田信秀と土田御前と吉法師銅像(吉法師は信長の幼少名)
勝幡駅前

勝幡城推定復元模型
勝幡駅前
天守閣が無いとお城じゃないような気がする人も多いと思いますが、実際には堀や塀などで外敵の侵入を防いでいる施設であれば城となります。
少し立派な武家屋敷であれば城の資格があるわけです。


続きを読む
posted by 大工のとうちゃん at 12:00| Comment(0) | お城巡り

2019年07月07日

墨俣一夜城址

お城巡り、今回で5回目です。

豊臣秀吉がわずかな期間で城を築いたと伝えられている、いわゆる墨俣一夜城が有ったとされる場所です。
明確な資料に乏しく、実在したかも定かでないともいわれていますが、
せっかくだから、木下藤吉郎が出世する大きな足がかりになった城、としておきましょう。

当時は木曽川、長良川、揖斐川のいわゆる木曽三川が複雑に入り組んでいて、交通上・戦略上の要地でした。
現在は、大垣城の天守を模した墨俣一夜城歴史資料館が建てられています。
墨俣一夜城
太閤出世橋の前に5台分ほどの駐車場が有ります。
そこが満車の場合、200メートルほど西に離れた河川敷の駐車場を利用することになります。

続きを読む
posted by 大工のとうちゃん at 20:38| Comment(0) | お城巡り