2016年09月01日

自作スピーカー MarkAudio CHR-70v3

お気に入りのMarkAudio CHN-70 Gen.1に椅子をぶつけてしまい、コーン紙を傷つけてしまいました。音には影響ないみたいですが、やはり気持ち悪い。
代替として前から気になっていたMarkAudio CHR-70v3を買ってみました。
同じ10センチでも穴の直径が違うので作り直すことにしました。
約17リットル FDは46Hzの設計です。
IMGP0243.JPG
鳴らした瞬間後悔しました。
予算ケッチってCHN-70 Gen.1買うより最初から少し奮発してこれを買えば良かったと。
カタログスペック通り高音はちゃんと伸びているし、低音はJSPのおかげか50Hz程度までは実用範囲で35Hzまでは小さいながら聞こえている。
全体にクリアで解像感が高く、楽器やボーカルの表現力も高く音楽性が高い。
多くの自作マニアが好んで使うのがよくわかりました。

ちなみに現在の再生環境は
Win10PC→USB接続→FX-AUDIO- DAC-X5J→
FX-AUDIO- TUBE-01J→FX-AUDIO- FX1002A
です。続きを読む
posted by 大工のとうちゃん at 21:56| Comment(0) | オーディオ

2016年08月23日

TOPPING VX2

USB入力のみのフルデジタルアンプ。もちろんハイレゾ対応です。
出力は80W+80W
TOPPINGは初めてだけど、飾り気の無いクリアな音で好みです。
ほかのスピーカーを繋いだりして比較試聴はしていないので、
なんとも言えませんが、入れ替え前ののLepyの2020等と比べると音の密度が有るように思えます。
入力はUSBのみでDACを買い足して遊んだり出来ないけど、PC→VX2→SPの簡単な組み合わせでハイレゾ再生環境が整うのは手軽で良いです。

WP_20160831_18_51_45_Pro.jpg続きを読む
posted by 大工のとうちゃん at 21:38| Comment(0) | オーディオ

2016年08月19日

FX-AUDIO- TUBE-01J

真空管を利用したプリアンプです。
CDプレーヤーやDAC、パソコンの音声出力とパワーアンプの間に入れて使います。
どんな役割をするかというと、入力した音声をある程度増幅したりボリュームコントロールをします。、機種によってはトーンコントロールが付いていて音質を調整したりしますが、これはボリュームだけです。
私の場合は、PC→DAC(DAC-X6J)→TUBE-01J→アンプ(SMSL SA-98E)→スピーカー(YAMAHA NS-BP200)
このような環境で聞いています。

IMGP0240.JPG続きを読む
posted by 大工のとうちゃん at 21:41| Comment(0) | オーディオ